朝から一生懸命仕事をして、帰宅後の夜、お腹がペコペコになっています。なので夕食はお腹いっぱい食べてしまうんですね。そうすると翌朝、何だか消化不良・・・。朝食は食べられなくて昼食も軽めに摂って、やっと食欲が湧いた夕食をお腹いっぱい食べて、また翌朝・・・。そんな悪循環に陥っていた時期がありました。そこで私がトライしたのが食事制限でした。
食事制限と言っても、何も難しいことはしません。ただ、夕食を食べないだけ!これだけです。これだけなので、朝食・昼食はお腹いっぱい食べていました。
初めの2、3日は「我慢!」を意識して過ごしました。夜に何も食べられないというのは楽しみを1つ奪われた感覚で、空腹感よりも寂しい気持ちが勝るんですね。そんな気持ちを紛らわせながら1週間ほど経った頃、その生活サイクルに慣れ始めました。夕食を食べない分、朝起きた瞬間に空腹感に襲われるんですね。初めは「いくらお腹空いてるからって朝からお腹いっぱい食べられないよ」と思っていた朝食の量が日増しに増えていき、最終的には朝6時にハンバーグ&ご飯2膳とか食べていました(笑)。仕事の関係で昼食は14時くらいに摂っていたのですが、「これを逃したら今日はもう何も食べられない」という気持ちから、昼食もお腹いっぱい食べていました。
そんな生活が1か月続いた頃、体重計に乗ってビックリしました。4kg痩せている!!確かにボトムのウエストに少し余裕を感じてはいたのですが、まさか4kgとは・・・。私も過去ダイエットには何度もチャレンジしていますが、本気で4kg痩せるのって大変ですよね。
一般的に夜や遅い時間に食べると太るとは言われていますが、まさか本当に痩せるとは思ってもみませんでした。当初ダイエット目的ではなかった私にとっては本当に思わぬ副産物でした。その後生活サイクルは元に戻してしまいましたが、やる気が出た時には1か月限定企画としてチャレンジしています。毎回約3kgの減量になり、胃腸の調子も良くなってハッピーです。
この生活サイクルで食べる物もきちんと考えればもう少しダイエットとしての効果があるのではないかと思います。初めは生活サイクルを変えるストレスがありますが、慣れてしまえばとっても簡単でオススメの方法です。おかげで危うかった中性脂肪の値もかなり低下してきました。お医者さんにも褒められました。中性脂肪を下げることはとても重要だそうです。